山口拓朗公式サイト

人の好き嫌いを簡単にジャッジする必要はない

Pocket

%E9%80%A3%E8%BC%8910.jpg
人の好き嫌いを
簡単にジャッジする必要は
ないでしょう。
入社1年目のあなたが、
うっかり寝坊して
会社に遅刻したとします。
上司が烈火のごとく
あなたをどなりつけました。
あなたは
どんな気持ちでしょうか?
落ち込む方は
少なくないでしょう。
「なんてイヤな上司なんだ」
と思う方もいるでしょう。
出来事の表面だけを見れば、
あるいは、短期的なスパンに限れば、
「上司にどなられたこと」は、
あなたにとって、
よくない出来事かもしれません。
しかし、上司にどなられた教訓を活かして、
あなたは時間管理を徹底するようになり、
毎日、就業開始の30分前に会社に来て
仕事をするようになったとします。
人より毎日30分早く仕事を開始することで、
誰よりも多くの仕事をこなし、
成果を挙げたとします。
そのことが認められて、
同期のだれより早く昇進したとします。
さて、ここで質問です。
あなたが、かつて遅刻して
上司にどなられた出来事は、
どんな意味をもっていますか?
おそらく、自分自身の生活態度を
見直す大きなターニングポイントであった、
と感じるのではないでしょうか。
出世したあなたは、
あの日、自分をどなりつけた上司に
感謝の気持ちでいっぱいに
なっているかもしれません。
マイナスなイメージでしかなかった
「遅刻して上司にどなられた出来事」が、
未来の視点から振り返ると
プラスのイメージとなる。
このことは錯覚ではありません。
物事は一面ではありません。
表もあれば裏もあります。
数えきれないほどの側面があります。
つまり、出来事の善し悪しを
簡単にジャッジする必要はないのです。
人に対する好き嫌いも然りです。
あなたが苦手(嫌い)だと
感じているあの人の
裏には何があるでしょう。
側面には何があるでしょう。
※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※
◎仕事・ブランディングにブログを活用しよう
投稿添削特典付き(21日間)の文章スクール
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
山口拓朗ライティング塾

◎執筆、講演、取材の依頼はお気軽に
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お問い合わせ
★中学生にも分かる! 「ダメな文章」が「伝わる文章」に変わる!
【絶賛発売中】山口拓朗著
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 』(明日香出版社)
★会話力・コミュニケーション力を高めたい方へ
【好評発売中】山口拓朗著
どんな人ともドギマギせずに会話がふくらむコツを集めました! 』(三笠書房)
★ベストセラーの電子書籍
【Kindle版】山口拓朗著
ダメな文章を達人の文章にする31の方法 〜なぜ、あなたの文章はわかりにくいのか?〜
★『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』の続編
【Kindle版】山口拓朗著
文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法〜

記事はお役に立ちましたか?

以下のソーシャルボタンで共有してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket